沿革

1932年(昭和7年) 創立者浦川一夫が大阪市港区
夕凪町において浦川電機工業を
設立、ラジオ、通信機関係の
トランス類の製造を開始。
1952年(昭和27年) 従来のトランス製品に加えて、
テレビジョン用各種トランス及び
受像機の開発に着手し製造販売に至る。
1979年(昭和54年)
社長浦川一夫が代表取締役会長
となり、常務取締役 浦川亮二が
代表取締役社長に就任する。
1993年(平成5年)
茨木市西田中町に既存の第二工場に
隣接して鉄筋3階建ての
管理棟兼工場を増築し、
本社業務/設備の一切を
茨木市水尾2丁目より移転して現在に至る。
1996年(平成8年)
ISO9001認証取得。
2003年(平成15年)
ISO14001認証取得。
2016年 (平成28年) 浦川亮二が代表取締役会長となり、
浦川洋一が代表取締役社長に就任する。

トップページへ戻る